花粉を家の中に持ち込まない意識

Pocket

花粉のシーズンには外出するのが嫌になってしまいますよね。

しかし花粉のシーズンにずっと家に籠もっているというわけにはいきません。

そのため外出し、外でついてしまった花粉を家の中に極力持ち込まないように注意しなければいけません。

花粉症対策として外出する時にはマスクをつけるという人は多いと思います。

しかし花粉は鼻だけガードすればいいというわけではありません。

例えば花粉は髪や洋服にも付着しています。

そのまま自宅に入ってしまうと、自宅の中にも花粉を招き入れてしまい、室内でも花粉症の症状が出てしまいます。

髪をガードするためには帽子をかぶり、また襟元から花粉が入らないように首をガードするためにスカートを首にまきましょう。

出来れば自宅に入ってすぐに着替えて、うがい手洗い、洗顔をする習慣をつけましょう。

着替えるのは面倒という場合はコロコロで洋服の花粉を取り除きましょう。

またはウィンドブレーカーなどのツルツルの素材は花粉がつきにくく、ウールなどの長い繊維だと花粉がつきやすくなります。

洋服の素材にも拘った方がいいかもしれません。

室内では空気洗浄機をつけると空気中の花粉を取り除く事が出来ます。

ここまでするのは大げさだと思うかもしれませんが、花粉がついている事で、花粉症の症状が室内でも続くのはしんどいですよね。

少しでも快適な時間を確保するために花粉症対策をし、室内には花粉を入れない事が大切な事なのです。

自分自身だけではなく、一緒に暮らす家族にも協力してもらいましょう。

本人が花粉症ではないと、あまり花粉に対して意識しないで生活をしているので、花粉を家の中にも平気で持ち込んでしまうのです。

Pocket