花粉に対して免疫を作り出すことが大事

Pocket

花粉症で目もかゆいし、鼻水も止まらない、とにかく毎年花粉症のシーズンは憂鬱だ。

そんなふうに思っている人も多いでしょう。

では花粉症はなぜ起こるのでしょうか?

まず免疫について理解しておく必要があります。

人間の身体は害を与える細菌やウィルスといった外敵から自分の身を守る手段として免疫があります。

つまり外敵に対して情報を記憶し、抗体を作ります。

抗体がある事で次にその外敵がやってきた時に外敵をやっつけてくれるのです。

例えばインフルエンザでは毎年新しいタイプのインフルエンザに対しては私たちは免疫を持たないので感染してしまいます。

しかしその時点で抗体をつくるので、同じ年に2回も3回もインフルエンザに感染する事はありません。

花粉症の場合はスギ花粉は人体に害を与えるものではありません。

しかし身体は間違って花粉に対しても免疫を作り出してしまうのです。

そのため花粉が近づくと、花粉をやっつけようとして抗体がたくさん分泌されます。

この抗体が鼻の粘膜で作られるため鼻水が出たり、また血液により抗体が全身に巡ってしまうので、目のかゆみなどの症状が現れるのです。

つまり花粉症とは抗体による副作用と考えていいでしょう。

もし花粉が人体に害を与えるものであれば、抗体を作り、体内から排除する働きはとても有益なものと言えるでしょう。

しかし花粉に関しては無害な物質に対して免疫が働いてしまう誤作動なのです。

その誤作動のために毎年スギ花粉の時期になると花粉症の症状が出てしまうというわけです。

花粉症以外にもアトピーなどのアレルギーも免疫による過剰反応、つまりは誤作動による症状だと言えるでしょう。

Pocket