子供による花粉症患者が増加傾向にある

Pocket

花粉症とはアレルギーの症状のため限界値を超えるまである程度の時間がかかります。

そのため今までは花粉症にかかるのは大人だけ、しかも30歳以上の人が中心でした。

しかし現在は子供でも花粉症にかかる子が増えています。

花粉症とは一度かかってしまうと、毎年花粉症の症状に悩まされる事になります。

そのため発病するにしても、子供で花粉症になってしまうのと30代で花粉症になるのとでは意味が違いますよね。

そもそも花粉症の原因はスギ花粉などの花粉に対して免疫機能が抗体を作る事で生じるというメカニズムは分かっています。

しかし花粉症になる人とならない人が存在するのはいろいろな要因が積み重なっているため原因がコレだと特定する事が難しいのです。

例えば遺伝的要因もありますし、食生活などの生活習慣が原因にもなります。

また抗生物質や大気汚染などの環境問題、また住環境の変化などいくつもの要因が複雑に絡みあっているためです。

ただ生活習慣を見直す事で、花粉症の症状が緩和する可能性があります。

規則正しい生活をして、睡眠をしっかりとり、適度に運動をして、栄養のバランスのとれた食事をする。

生活習慣を改善する事は花粉症の症状緩和だけでなく、病気になりにくい健康な体を築いてくれます。

特に花粉症の時期に風邪をひいてしまうとどちらの症状も悪化してしまい大変な事になってしまいます。

免疫機能を高めておけば風邪もひきにくくなるので、花粉症と風邪のWパンチを受ける事もなくなるでしょう。

また嗜好品でタバコやお酒も関係しています。

タバコの煙は粘膜を傷つけてしまい花粉症にとってよくありません。

Pocket