アレルギーを緩和させるヒスタミンの活動

Pocket

免疫とは外敵から身を守る働きです。

ウイルスや細菌が体内に入り込まないように抗体を作り、侵入を防ぎます。

ウイルスや細菌は生命を脅かす存在ですから、それぐらい徹底的に侵入を防いでくれる免疫という機能は非常に重要な役割です。

ただし花粉症などのアレルギー症状に対しては疑問を持つ事はありませんか?

花粉にしろ、その他のアレルギー、大豆や卵、小麦、ホコリなど、人の身体に害を及ぼさないものばかりです。

それどころか大豆も卵も栄養素が高く、人の身体に必要な栄養素なのです。

なぜこれらの侵入を防ごうとするのか?

こればかりは上手く説明がつきません。

ただし実際に免疫機能が働いて、害を及ぼさない物質に対してアレルギー反応として症状が出てしまう事は事実です。

そのためアレルギー症状を緩和させるために、生活習慣の改善など体質改善を行う必要があるのです。

また花粉症にはヒスタミンという物質が深く関わっています。

ヒスタミンとは本来身体の活動を高める働きがあります。

しかし花粉症の症状であるくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状も神経伝達物質としてヒスタミンが働いた事により現れる症状なのです。

そのため花粉症の治療薬には抗ヒスタミンが配合されている薬も少なくありません。

ですがこの抗ヒスタミンによって、ヒスタミンが体内で働かなくなってしまうと活動的に行動する事が出来なくなり、眠気が生じてしまいます。

花粉症の薬を飲んだ後に運転をしてはいけないと言われるのは、この抗ヒスタミンが関係しています。

眠気やとっさの冷静な判断が出来なくなってしまうので、運転をするのはとても危険な状態です。

Pocket